夏のスペシャルセミナー


対象 教科 セミナー名 担当講師
高3 英語 山本流 英作・長文よくばり解法術 山本 一也
数学 夏で攻略!センター「ベクトル」「数列」 平川 武史
現代文 難問でも答えが出せる!現代文ミラクル解法術 能谷 寿承
漢文 センター漢文のススメ 矢崎 嘉
高2 英語 脱!丸暗記 ヴィジュアル英語必勝法 冨岡 拓郎
数学 ウルトラわかる!大原のセンター数学 大原 英紀
古文 イラストでイメージ!+−(プラマイ)古文 岡崎 しの
日本史 面白いほど得点できる!“満点”日本史 山本 佳幸
高1 英語 成績アップの鍵!動詞マスターへの道 宮塚 透
数学 夏で挽回!1から出直し数IA 田中 健一
世界史 右脳で理解する!世界史劇場 神野 正史
対象 高1 ・ 高2 ・ 高3 ・ 高卒
時間数 1講座50分×3コマ
申込・受講期間 6月20日(水)〜7月31日(火)
受講料 3講座まで無料ご招待(教材費含む)
※対象学年に限らず各講座、どの学年の生徒様でもお申込みいただけます。
 大学入試英語において「英作文」「長文読解」は、ライバルに大きな差をつけられるポイントです。
 今は勉強が遅れ気味の君も、英作・長文に気後れしてる君も、この講座で「こんなに簡単に解けるんだ!」という感動を味わってみよう!英作・長文対策で、逆転合格をこの夏目指そう!
 センター試験・私大受験を問わず、理系の生徒にとっては頻出のテーマであり、苦手意識が強い分野「平面ベクトル」「空間ベクトル」「数列」。
この講座では、苦手意識を克服するだけでなく、センター試験で高得点を取るための“時間の使い方”にこだわり講義を行います。
 一流の解法テクニックで、センター数学を攻略しよう!
 みなさんは難解な文章に出会った時、「自分には無理!」 と諦めていませんか?実は、ルールさえ知っていれば、どんな難解な文章でも必ず読み解けるのです!
 何を問われているのか?どこに注目して読めばいいのか?能谷式「ミラクル解法術」で、この夏、現代文の読み方がきっと変わるはずです。
 「センター試験だけだから・・・」という理由で、ついつい後回しにしてしまう漢文。実はセンター試験の中でも、漢文は高得点が取り易く、得点源になる科目だと知っていましたか?
 本講座では、無理なくそして短期間で満点がとれる、“3STEP”の矢崎メソッドを伝授します!センターで満点を目指しましょう!
 「なかなか覚えられない」「使い方がわからない」と敬遠されがちな冠詞や前置詞も、ヴィジュアル英語なら大丈夫!
 今まで曖昧だった知識も、ヴィジュアルを使えばスムーズにイメージができ、簡単に攻略できてしまいます。これ以上わかりやすい授業は他にはありません! 君の英語力に磨きをかけよう!
 センター数学は、マーク式の問題をミス無く、いかに速く解くかが勝負。このエッセンスを詰め込んだ本講座は驚きの連続。
 「2次関数」「図形と計量」「図形の性質」「方程式と不等式」どの講座も、センター頻出の単元です。2年生も受講可能! 先取り学習で今のうちに差をつけよう!
 古文を読み解くのに必要な事は、なによりもまずプラマイイメージをつかむ事!この講座では古文単語や文法、苦手な生徒が多い「敬語」を、イラストを使ってわかりやすく、そして「楽しく」解説します。
 受験に古文が必要な人は必ず受講してください! この講座を受ければ、古文が好きになる事、そして問題が解けるようになる事、間違い無しです!
 日本史の勉強、ただひたすら“暗記”していませんか?勉強している
のに結局テスト前にやり直すことになり、二度手間になってしまいます。
 この講座では入試問題を用いて、“テストで得点できる問題集活用法”を
伝授します。高1〜高3まで全学年対応!日本史受講者は受けて損なし!
これを機に、“得点できる学習法”に切り替えましょう!
「どこから勉強を始めて良いかわからない」そんな君にはこの講座がお薦め!
 成績アップの鍵となる“動詞”を勉強することで、まるで道が開けた
かのように英語が理解できる様になります。 さあ、この講座で
「動詞マスター」を目指し、2学期からの成績を急上昇させよう!
 「出遅れた!」「最初からやり直したい!」そんなキミに最適な講座が遂に登場!「因数分解」の復習から始まり、みんなが苦手とする「必要十分条件」、そして「確率」まで、わかりやすく、そしてなにより面白く解説します。  この講座を受ければ、数学への苦手意識は一気に吹き飛びます!楽しくてタメになる田中流数学で1からやり直そう!
 世界史の勉強に苦労していませんか?「覚えにくい!!」「イメージできない!!」「量が多い!!」そう思うのは当然です。しかしこの講座を受ければ、そんな考えは払拭されます!地図上で展開される神野の世界史劇場は、まさにひとつの物語。ストーリが自然に頭に入ってくるのです。百聞は一見にしかず、必ずハマる面白さ!この劇場型世界史をぜひ体験してください!!


ページ
トップ