高校内予備校を始めませんか?

今、高校に求められているものとは?

 大学全入時代と言えども“行ける大学”ではなく“行きたい大学”に進める生徒はどれくらいいるのでしょうか。
 行きたい大学に行かせたい、また就職時を考えるとより高いレベルの大学に入学して欲しいと保護者は願っています。
 生徒の将来の夢や目標を考えると、行ける大学ではなく“行きたい大学”への指標を立て、導かなくてはなりません。
 進学実績は、受験高校を選ぶ際の大きな指標のひとつです。 どの大学にどれだけ進学させたかが問われる現在にあって、新たな試みとして高校内予備校が注目されています。
 高校の中で受験指導まで行う。進学に対するそのような学校の取り組みが印象を深め、その上進学実績が伴うことによって、志望校として選ばれるのです。

 保護者は勉強だけでなく、クラブ活動などで人間的な成長も期待しています。しかし、大学受験を見据えてクラブ活動後に予備校や塾に通おうと思っても、時間的な負担が大きく思うように勉強がはかどりません。
 それに対しても、学校内で塾や予備校を活用することは、時間や安全を考えても非常にありがたい取り組みなのです。
 そのような取り組みや進学実績は、他校との大きな差別化となっています。部活動に力を入れている高校も多くありますが、文武両道を謳い実践している高校は少ないのも事実。
 やはり進学実績を高めるには、通常の授業だけでなく、受験対策が必要となります。そのためブロードバンド予備校を学校内予備校として活用するのです。

 多くの高校生が大学受験対策のために学習塾や予備校に通っています。ただ、今日の経済不況によって、その授業料も家庭での大きな経済的負担となっているのです。
 また、この経済不況から予備校に通えない高校生もいます。学びたい意欲に対して学ぶ機会を提供することも高校の重要な責務と言えるのではないでしょうか。
 これまでの予備校授業は、コストも高く、また個々の生徒に細かく対応することが難しいものでした。
 しかしブロードバンド予備校なら、今までになかった費用形態によって、学校と生徒双方の費用負担を軽減できます。しかも、限定された講座ではなく、すべての講座を個々のニーズにあわせて受講できる画期的な予備校授業なのです。


ページ
トップ