<< 考察:学習塾を取り巻く現状と今後 >>
大学入試
ますます多様化する大学入試
 大学の一般入試を受験する場合、センター試験、国公立大学の前期試験・後期試験・私立の各大学の試験などさまざまな試験があります。
 大学受験と一言でいっても、国公立大なのか私立大なのか、一般入試なのか推薦入試なのか…といったことで、試験の時期や科目などが異なってきます。
 やみくもに勉強をして受験を迎えるのではなく、入試全体、そして志望校についての情報を知り、それを活かすことが合格への重要な要素と言えるのです。
社会情勢によって変化し続ける入試動向
 業界を問わず、実績に対する評価として「勝ち組」「負け組」と区別されるようになりました。大学においても例外ではなく、そんな“二極化”が進む中で、大学を卒業さえしていればある程度の役職や給与が保証されていた時代は終わり、どの大学を出たか、あるいは大学時代に何を身につけたかということが、一層問われる時代となっています。
 大学・短大の中には学生が集まらず、倍率が1.0を下回るところも出てきており、近い将来、受験者数を確保できず自分が卒業した大学がなくなってしまうということも考えられます。
 
皆が大学に行くと言う全入時代だからこそ、大学・学部選びは慎重に行うことが大切なのです。
学習塾市場について || 高校部について || 大学入試について